尊敬する林業家を訪ねて

GW中に学生時代にお世話になった林業家さんを訪ねました。

わたしに、木童との出会いを作ってくださった方です。

お会いするのは10年振りくらいでしょうか。

Img_1390森の拠点として、ご自身の山の木で、地元の製材所、大工さんと共に建てられた離れにお招きいただきました。

お祖父様、お父様、そしてご主人と、きちんと山々に手をかけてこられましたが、          

ご主人が山仕事中に事故に遭い、今は復帰のためのリハビリ中で、山仕事をお休みされておられます。

 

                                      

2日目は、今年の類をみない大雪の被害状況をみてまわりました。Img_1414             

               

              

                

こう伝え聞いている、とか、ご主人が枝打ちで賞をとったとか、

誰それをご案内したとか、それぞれの山で色々なお話しを伺いながらで、

林業家の想いが伝わってきました。

 

ところが、そういうこととは関係なしに、

雪害で木々は折れ、倒れてしまっていました。

Img_1421

 

 

 

 

長い長い年月をかけて営まれる林業。

その間、人も自然も世の中も、いろいろな事が起ります。

私たちが、いつも60年とか80年とか育った木を扱わせて頂いていることは、

なんとありがたいのだろうと、改めて思ったのです。

              

Img_1402                    



 


林業で生きることは決して優しくありません。

実際、こちらの集落では多くの方が離れていました。

それでも、ここでは、生きていくために、いくらでもやることがあるの、とおっしゃります。

ジャムを造り、薪を割り、ゆずを育て、味噌をつくり・・・、なんでも作られます。
そしてそれらを町の人たちにも広めておられます。

Img_1429

             

             

            

その土地に生き、暮らしのモノや食べ物をつくり、家族と優しく向き合い、人とつながって生きていく。

とても大切なことをきちんと実行されている生き方に触れ
多くを感じる訪問となりました。

                       

個人的な内容な上に、まとまりのない文になってしまいましたが、
林業いう営みのなにかが伝わるといいな、と思います。

(神戸 塚本)

コメント