ダメージ床

京都の住宅の改修で、一階のギャラリー部分にナラのダメージ床を使って頂いたので、現場を見学させてもらいました。

元々の無塗装でのダメージ材は、こんな感じです。↓ ↓ ↓

20170731_13_56_03_3

現場では、木童の「和色」という内装用塗料の白色を塗られていたので、ダメージ具合は少し和らいで落ち着いた色合いになっていました。

一階入口が土間になっていたのですが、天井から光が差し込み、奥の中庭につながる明るい空間のギャラリーということで、白い塗装のダメージ床が良い雰囲気でした。

20170726_13_57_19 20170726_13_58_54

20170726_13_59_24

無塗装ではダメージの度合いが割と目立つ個体もあるのですが、桐油を塗っても全体が濡れ色になるので、良い感じになるのではないかと思います。

木童神戸本社:小谷

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603591/34074772

ダメージ床を参照しているブログ:

コメント