秋田杉と円筒LVL

天然秋田杉の製材工場に見学に行ってきました。

中杢柾目の天井材は、一枚一枚表情が違うのですが、どでも立派なものばかりで素晴らしかったです。

植林された民有林の杉と見較べると全然違うのですが、天然秋田杉の苗を植えてもどうやっても天然杉のようには育たない、というお話を伺いました。

20170727_13_35_55_5

20170727_13_35_35_6

20170727_13_36_12

天井板を見学した後は、円筒LVLを製作している工場内を見学させてもらいました。

LVLとは 単板積層材( Lumber Veneer Laminated )の英語を略したものです。

丸太を桂剥きの要領で薄い板( Veneer )にした後、乾燥させ裁断し、各層の繊維を基本的には長さ方向にそろえて貼り合わせます。

おもに柱や梁など長い棒状のものとして利用されることを前提にしているので、長さ方向の強度を優先して作られます。

20170727_13_40_3420170727_13_41_1320170727_13_52_08
20170727_13_54_07

円筒LVLによって、大きな施設などの柱や梁など、これまで木材を使うことを諦めたような所でも、様々な形で木材利用の可能性が広がります。

神戸本社:小谷



 


  

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603591/34080632

秋田杉と円筒LVLを参照しているブログ:

コメント