保育園×から松床材

2月に入り、4月開園となる保育園や幼稚園などの公共工事が佳境に入ってきて、毎日のように納材でドタバタしています。

こちらはその中のひとつ、京都の保育園の工事現場

園関係はわりと広葉樹(ナラや栗)が多い中、こちらでは少し珍しく「から松」を採用頂きました。

使い勝手を考えてついつい硬めの床材を提案しがちでしたが、こうやって実際に床を踏んでみると、より温かく肌触りの良い針葉樹の方が、本当は小さな園児たちには合っているのかもと感じます。そしてその針葉樹の中でもわりと表面が強い「から松」はまさに適材かもしれません。

20180130_11_12_19

20180130_11_10_02

そしてこの大空間に赤身で揃った「南波から松」の床は、まさに壮観! 住宅レベルではなかなかお目にかかれない広さなので、ここであらためて「南波から松」の良さを実感しました。

床と合わせて「から松」にした階段は、床と同様に贅沢に無垢材。

プレカットして納めたので加工が心配でしたが、仕上りもバッチリでした。

(神戸事務所 おおすえ)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603591/34104552

保育園×から松床材を参照しているブログ:

コメント