床材の再利用①

とある保育園にて。

2年ほど前に木童の床材を納めさせて頂いたのですが、床暖房の入っていなかった部屋にもやっぱり床暖房を入れたい・・・ということで、まだ2年半しか経っていないその床材を剥がして張り替え工事をすることになりました。

園長先生はとても心の温かい方で、どんな物でも本当に大切にされるそうです。

たとえば、2年前の改装工事の時には、園庭の木々を一本残らず全てもう一度植え直されたそうです。

命あるものやまだ使えるものを簡単に処分するのは心が痛む。

そういうお考えのもとに、今回も床暖房工事の為に剥がされることになってしまった、まだ新しい床材をそのまま処分せず、何とかして再利用できないかということを設計士さんよりご相談頂いておりました。

できれば園児達が遊べるような、玩具の積み木のようなものが出来れば・・とのご要望だったので、剥がした床材をいくつか持ち帰り、試しにサンプルを製作してみることにしました。

【 剥がした、カバ床材 】

20180720_14_40_30_2

釘が残っていて、ボンドの跡もあり、表面は桐油が塗装されています。

さて、この剥がされた床材たちは、一体どうなるのでしょうか?

無事に生まれ変わることができるでしょうか・・・。

続報をお待ち下さい!!(笑)

神戸本社:小谷

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603591/34138038

床材の再利用①を参照しているブログ:

コメント