ぶなのフローリング

木童が取り扱いさせて頂いた中で比較的新しい「やまとぶな」

輸入材でビーチと呼び、インテリアショップなどの家具で聞いた事もあるかと思いますが

国産のものは「ぶな」と呼ばれています。

水分を多く含み、堅く粘りがあり曲げやすいので家具用材として使われることが多いです。

その反面ぶなは乾燥するのに手間がとてもかかる為、あまりフローリング材として市場に出回ることが少ないのですが、木童のやまとぶなは、乾燥の手間ひまを惜しまずに製品として提供できるようにしております。

そして今回ついに、、、「やまとぶな」を採用していただいた現場へ見に行ってきました。

Img_25351

アトリエ、ダイニング、キッチン、ギャラリーホールなど、たくさん使っていただいてます。

幅は120㎜で、仕上げに桐油を塗装しています。

今回いくつかサンプルをお見せした所、即決で「やまとぶな」を気に入って選んでくださったそうで、仕上がりにも満足して頂けたとお聞きして安心しました。

これからの経年変化が楽しみです。

(東京支店 笠原)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603591/34151925

ぶなのフローリングを参照しているブログ:

コメント