焼杉

先日、京都市内の住宅で焼杉を使って頂いた現場へ伺いました。

20181114_15_30_24_2

20181114_15_31_05_1

20181114_15_30_44



今回の焼杉は、磨き加工無しで(所謂、焼きっぱなし)無塗装で使って頂いています。

磨いていない焼きっぱなしの状態だと塗料は乗りにくいのですが、炭化層が厚くあるため耐久性は高いので無塗装でも使えますが、風雨にさらされるといずれは表面の炭化層が少しづつ落ちてきます。

それを見越して工務店さんは、予め磨き加工の焼杉(表面の炭化層を少し磨いたもの)に塗装して使うこともご提案されたようですが、お施主さんたってのご希望で、この焼きっぱなしの風合いが大好きだということで磨き加工無しになったそうです。

真っ黒の横貼りの焼杉に、無垢の玄関ドアがとても生きていますね。

木童の焼杉は、原板に赤身の部分をたくさん使っており、また釜でしっかりと焼き上げたものになっているので、耐久性が高いです。

工務店さんも設計士さんも、色んな他の焼杉と比較して、今回は品質で木童のものを選んで頂きました。

無垢材の外壁は、経年によって色味や風合いが変わりますが、中でもこの磨いていない焼杉は特にその変化を楽しめるものであると思います。

神戸本社:小谷

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/603591/34153613

焼杉を参照しているブログ:

コメント