竣工物件 Feed

和室カーペット敷きの一間をフローリングに張り替えるという小さなリフォームの相談をいただきました。

工務店さんとお施主さんとは長いお付き合いだそうですが、「とにかく独自のこだわりのある施主さんで、なかなか提案したものにOKを出してもらえない、直接会って木の話をしてもらえないか」とのことでした。

それでもなんとか「桧を使う」というところまでは話が進んでいたので、木童で用意のできる5種類のサンプルと産地物語を持ってお施主さん宅を訪ねました。

※産地物語というのは、その木の背景について、産地や特性や施工事例などをご紹介する木童オリジナルの木の提案書のことです。 

聞いていた通り、こだわりの部分というのがかなりマニアックで一瞬面くらったのですが、一つずつ木の性質や工場の形態などを話ながら「できること」と「できないこと」というのをご説明していきました。

お施主さんも納得の上、最終的に選んでいただいたのは 岐阜県産の桧・巾145mm 上小無地の特注品 になりました。

さぁ、いざ納材。

遠目にはほぼ無地というかなりな”べっぴんさん”でしたが、お施主さんがすんなりOKしてくれるか…という少しの心配がありました。

後日工事をされた工務店さんに伺うと、「とても良かったよ。施主さんも納得されてたよ」と安心のお言葉とともに、小さな冊子を「プレゼント」されました。

こちらの工務店さんでは工事の大小に関わらず、打合せ~竣工までの過程を写真に撮って、竣工後にフォトブックにして住まい手さんにプレゼントされているそうで、1冊余分に作って私にも下さったのでした。

Img_5717_2

Img_5718▲お施主さんが産地物語を読んでいるところ

Img_5721▲桐油塗装中

いつの間に撮ったのやら、私が住まい手さんに木の話をしているところなどもばっちり納められていて、自分の登場箇所はまともに見られませんでしたが(苦笑)、こうして写真で過程を追っていくと、その時の打ち合わせの様子をリアルに思い出すことができ、一つずつ納得して進んできたということが実感できます。

”流れ”がわかるというのはとても良いですね。

素敵なサービスに触れて、またご一緒にお仕事ができたらいいなと思うのでした。

(神戸・雲林院)

1

2

3

先月完成した神戸市の保育園

床は肌触りがとても柔らかく、香りが良い桧

壁と天井は杉、しかもかなり広範囲に使用しているので、部屋に入ると、まるで木に包まれているような感覚になります。

これだけたくさんの木を使いながらも、見た目スッキリしているのは、節の無いところを選別した上小節以上のグレードのものを使っているから。

特に視界に入りやすい壁面にたくさん板を使うなら、やっぱり節の無いものが良いですね。

杉や桧は経年変化が早いので数年後、良い色艶になっているのを見るのが楽しみです。

(神戸事務所 おおすえ)

先週末に、床材を納めさせて頂いた福祉施設のオープンハウスに伺いました。

お部屋の床には無垢材を使いたい、という運営会社さんのご希望で、グループホームの居室全てに木童の床材をご提案させて頂きました。

設計士さんと、できるだけ色んな種類の国産材を使いたいですね、というお話をさせてもらって、お部屋ごとに貼り分けることになりました。

20160416_13_34_40_3

20160416_13_33_19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巾違いの床材の在庫品を有効的に使おうということで、設計士さんが試行錯誤しながら部屋ごとに振り分けて、定番の90巾のクルミと山桜、それに150巾のクリの上小節と節有材を両方、使って頂きました。

広葉樹は基本的には上小節か無節が定番品なので、しっかりとした節有のクリ材の施工例を私は見たことなくて、それが和室の押し入れの地板になるというのを聞いた当初は、正直ちょっとイメージが湧かず不安だったのですが、和室の畳にクリの節の雰囲気が意外と良く合っていて、さすがだなぁ・・・と思いました。

20160416_13_48_16

20160416_13_47_40

 

 

 

 

 

 

針葉樹の節とはまた違う趣があります。

人気のクルミや山桜は、クリに比べると暖かい色味ですが、ほんのり桃色がかった色味が特徴的で、お部屋全体が優しい印象に包まれます。

この日は塗装が間に合わなかったということで、無塗装の状態でしたが、これから桐油を塗って頂くと色味がもっとはっきりとして、また年月を経るとさらに風合いを増してくると思います。

無垢材の持つ柔らかな雰囲気と自然の安らぎの力で、ご入居者の方々が快適に過ごして頂けると、とても嬉しいです。

20160416_14_28_58

 

 

 

 

 

神戸事務所:小谷

学校を卒業してずいぶん経ちますが、

卒業後、地元 静岡に戻られていた友人から相談をうけました。

ご実家を建て替えることとなり、

内装に無垢材にしたいけれども希望が叶わないかもしれない・・・とのこと。

せっかく家をつくるのに 無垢材を諦めるのはもったいない

幸い、木童は東京事務所で静岡もフォローさせてもらっているので話が進みました。

そして、いよいよ完成されたと伺い、初訪問。

お雛様に出迎えられて・・・

Y_3

家族の共有スペース リビングは北海道産ナラ材

Y重厚感があり、きれいで力強さのあるいい樹です。

それぞれの個室には徳島産の相生杉

Y_4 柔らかくて気持ちのいい優しい樹です。
リラックスしますよ~。

ナラと杉、正反対の性格の2種を存分に味わえるお宅です。

ご家族みなさま気に入って頂いたようで、ほっと安心。

本当にありがとうございました。

これから傷ついたり、焼けてきたりしますが、

愛されることでどんどん良くなっていきますので、

永くおつきあいをよろしくお願いします。

最後に・・・

Photo 安倍川餅をごちそうになりました。

関西人のわたしにとって
言葉だけきいたことがあるけれども馴染みのなかった”安倍川餅”

静岡産まれの、こうしたきなこ餅&あんこ餅だということが初めてわかりました。

とても美味しかったです。ご馳走様でした!

(神戸 ツカモト)

先日、完成見学会に行って来ました。

この物件は、一昨年の夏に東京ショールームに相談に来られたお客さんで

過去に木童の材料を使って建てて頂いたお客様の家へ設計士さんと一緒に

何件か見学に行って頂きました。

その中で、御自身の描く家と近かったのが植本計画デザインさんの設計した

平屋の家でした。

今回は、木童から宮崎の赤飫肥杉と球磨桧の構造材・羽柄材をプレカットし、

床には北海道のなら・天井には熊本の杉をリブ加工した板を貼り、デッキには

岩手の南部くりを使い、外壁は徳島で焼いた焼杉を貼っています。

さらに床には木童の桐油・外壁やデッキには木童の超・撥水を塗っています。

Imgp1568Imgp1575

Imgp1585

Imgp1590

建て主さんとも見学に行った際にお会いしましたが、とても満足そうな

笑顔をされておりました。

これからもそんな笑顔を沢山見られる様頑張って行きたいと思います。

是非無垢材で家を建てたいと思いの方は木童へ相談にいらして下さい。

色々な御相談にお答えさせて頂きます。

東京ショールーム  中野

今週末、8月23日-24日の2日間にわたり、

伊丹市にて住宅完成見学会を予定しています。(

昨日、その現場を訪ねたところ、
なかなか良いお家に仕上がっていて一気にテンション上がりました!

工事中のため、きっちりした写真ではありませんが
一部公開しちゃいます。

Img_1747_3

Img_1748

Img_1745

      

     

      

       

               

こちらは、木童でプロデュースしている3BASEの家という、

とてもシンプルな設計を基につくったお家です。

是非、ご覧いただきたい、体感してもらいたい、と思うお宅ですので、

ご都合のつく方は是非、お越し下さい!

内容の詳細はこちら。

Photo_7

Photo_8

場所などの詳細はお問合せください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鴻池の家 完成見学会

日 時:平成26年8月23日(土)・24日(日)10:00~16:00

場 所:兵庫県伊丹市

【問合わせ先】
TEL 078-954-0072 
FAX 078-954-0257 
E-mail: muku@kodoh.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週末、このたび竣工したサロンの写真撮影をされるということで、行ってきました。

こちらは、「かもめ食堂」のような北欧イメージ、というお話しで
様々な素材を納めさせてもらいましたが、
竣工後訪ねるは初めて。

ドキドキして向かうと・・・

Rimg1892_2 

おおっ。かわいい!

Rimg18942_3

Img_09712 
床は、東北産のいたやかえで

腰壁やドアに採用しているのは能登半島の北前ひば

そして、3番目の写真右に見えている丸柱はひのき

北前ひばひのきは、やはり「和」のイメージになりがちですが、

すっかり北欧人(笑)になっていましたよ。

キッチン廻りの板張りも杉板です。
マットな質感の塗装ですが、節あり材を用いることでざっくりとした仕上がりとなっていました。

小さな空間ながら、これだけきちんと設計されると
木を活かされている気が致します。 

ちなみに、みんな日本人(国産材)で、出身地もはっきりしているので、
お施主様には、それぞれの木の出どころや作り手などをまとめた物語をお渡ししました。

Img_0981

こちらも喜んでいただけました。

これは私の感じ方かもしれませんが、
北欧風とはいいつつも国産材を用いることで
やさしい、馴染みやすいタッチになっている気が致します。

 

写真撮影も順調に進んでいました。
出来上がったらまたご報告致しますね。

 

設計監理: 設計処草庵

施工:㈱あ組

 

(神戸 塚本) 

 

建築家が設計した住宅は、なんと言ってもカッコイイ。

一目でそれとわかるので、見学会をした際にも、近所の方と思わしき方から「工事中からずっと気になっていて…」と言われることもしばしばです。

Dscf0170

こちらのおうちはこの夏竣工したの小野の家。

庭の配置が絶妙で、昼間も十分素敵なリビングなのですが、見学会の終盤、陽が落ちてからがさらに素晴らしかった!のです。 

Dscf0189_3  Dscf0204_6


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 設計:なづな工房 施工:あかい工房

仕掛けはリビング上部の吹き抜けに設けた格子でした。

施主さんも最初に図面で見たときは「何を無駄なことを」と思ったそうですが(笑)、今ではお気に入りの場所だと教えてくださいました。

「建築家とつくる家」の真髄を見た気がしました。

(神戸事務所・雲林院)

 

    

 

先日の見学会の案内ブログで、写真がなかったために人に例えてご紹介しましたが、

今日は写真を交えてご紹介します。

こちらが 色白美人のいたやかえで。 

Rimg1903_6 
そして、寝室の奥州ほおのき
国産材の建築材ではあまりみない色合いですが、
穏やかな落ち着きがあります。

Hoonoki_4 

階段材とカウンターに舘くるみ。 

Rimg1914 
靴箱や棚の戸にリブ加工の賢健杉(旧かねり杉)を。

Rimg1911 
そして、ベースも杉材。

骨組みは地元美山の杉、床壁は相生杉を。

随所にひのき材も採用されておられます。

いろいろな木を使いながら、そのことが主張されず、上品にきれいに馴染んでいました。

設計・施工の仕事の良さの賜です。

森のなかでもいろんな樹々が生えているのはごく自然で、

単一樹種の林よりも、より、美しいもの。

どこか、そこに近いのかな。って思ったり。

 

住宅に木を多用する場合、木の種類を押さえてシンプルにすることも多いですが、

木、それぞれの性格を捉え、様々な木を適材適所に採用しても、

シンプルで上品きれいになることを実感するお宅でした。

 

よい木のコーディネータとなれるよう、精進せねば。

(神戸事務所 塚本)

 

Img_1539  Img_1536

つい先日、無事に竣工した「玉造の家」の完成見学会に参加してきました。

大阪の真ん中、ビルの立ち並ぶ中に建つ木造住宅で、木童からは構造材と床材をお手伝いさせて頂きました。

1FのメインとなるLDKは南部くりの床材、寝室は厚み30ミリの相生杉、上を見上げれば地松のタイコ梁や、建て替え前のお家の丸太梁再利用など、とても見所の多い魅力的な建物です。

中でも一番驚いたのは、部屋内の明るさ

3方を高いビルに囲まれながらも、大きく開けたトップライトからの採光で、部屋の奥までとても明るかったです。

立地の不利を補う配慮に設計力の大事さを改めて感じました。

Img_1531  Img_1538_3
ちなみに構造材に関しては、量も多く複雑ですが、今回ももちろんプレカットで対応です。

神戸事務所 おおすえ