環境問題 Feed

20150917_9_16_25

ただいま工事中のM-House

昨日から木工事に入りました。あいにくの雨空でしたが無事に土台敷き完了

今回のM-Houseは計画当初から省エネ等級4を目指していました。

次世代省エネルギー基準とは省エネルギー法により定められた基準で、主に断熱性能が一定基準に達しているかどうかが判断基準となり、その等級は1~4まで、省エネ対策等級4は最高等級です。

この等級をもって借入金利が優遇されたり、住宅エコポイントを取得できたりと色々な形で様々な支援が受けられます。

そして何より、その高い断熱性能で、将来のランニングコストが安い!これから何十年と暮らす家、実はこれが一番うれしいメリットですよね。

いよいよ明日上棟、年内の完成を目標に好スタートです。

(神戸事務所 おおすえ)

今更ですが、今年は国際森林年(the International Year of Forests)らしいですね。

国連が定めています。

http://www.iyf2011.go.jp/

じゃあ、具体的に私たちの利点は?ということですが、

少し斜めに見ると次の点があげられます。

 

1.↑のサイトを見ていたきたいですね。それと関連するリンクなどをクリックして下さい。

わかりやすく、綺麗に森林の現状などをまとめたりしております。

つまり、「森の現状ってどうなっているの?」とか、「林業って何?」

等の初歩的な事から最新の運動までわかりやすく勉強できます。

 

2.森林体験イベント関連が増えます。国、都道府県、市町村あるいは関連団体で、

もっというとNPO団体などが代行で企画運営とかしています。

タダ、保険代だけなどが多いと思います。これを機会に参加するのも面白そうです。

 

3.森林関係の法律整備や国際協調が進みます。

いかにも役所的な発想ですが、「成果」を生みださなければなりません。

「成果」を生み出すために、結構頑張りますよ。

 

(東京事務所 藤村)

最近よく注文を受けるのが、ペレットストーブの燃料です。

木童では、信州のから松の間伐材を圧縮して(のりなど使わず)固めたペレットを販売しています。

信州の電気を使わないペレットストーブの販売は、その間伐材を少しでも活用できるようにとの思いからはじめた事です。電気を使わないペレットストーブという事も、環境に配慮されている事から木童では推薦しています。

一般的に販売されているペレットストーブは、ファンヒーターのように、電気でモーターを動かし風を出してペレットを燃やし、温かい空気を供給するタイプもあります。

ペレットも、製材所で出る木屑を固めたものもあります。

木童は、少しでも日本の山が元気になればと、間伐材のペレットにこだわります。

木は成長する時にCO²を吸収し、自分が燃える時にその分出すぐらいで、木はCO²を出さないものと考えられます。

DSCF1334

 

 

 

 

 

 

 

RIMG0423

 

うさぎの餌のようなのがペレットです。

大きいのは着火剤。

 

 

 

家の中で、火がみられるこのペレットストーブもめずらしく、火をみて家族が集まり環境にも優しい、木童推薦のペレットストーブと、ペレットを、よろしくお願いいたします。

神戸事務所 德

私が通っている乗馬クラブでは、お馬さんのお家におがこを使ってくれています。おがこは業者さんから仕入れているのでどこのものかは確定できないのですが、私の鼻の感覚では、比較的「桧」が多いのかなと思います。実際、奈良の方の桧が使われているとの情報もあったので、時折その辺りのものも使われているようです。

DSCF1258

    

    

    

    

      

 

DSCF1267 DSCF1268

  この子、牛がらをしていますが、お馬さんです♪お間違いなくです。(名前はアップルティー通称アップちゃん牝馬)

掃除をしてもらい、新しいおがこを入れてもらったりすると、ゴロゴロして背中をおがこまみれにして気持ちよさそうです。

    

  こうやって、製材所で出たおがこも再利用されます。

宮崎の杉の産地では、鶏の寝床や、牛のお家に使われていたりします。

これも、自然なものだから、安心して余すところなく使っていけるのだと思います。

また、こちらの乗馬クラブに体験乗馬や、お稽古に行かれた際は、一度お馬さんのお家をのぞいてみてください。

乗馬クラブ クラフト 

神戸市北区大沢町中大沢字切町下2505 TEL078-954-1933

(神戸事務所 德)

昨年、木童のショールムで漆喰、土壁塗のワークショップをした時に知り合った三上雄己さんご自身が監督されたドキュメンタリー映画のDVDをいただきました。

さっそく、スタッフ全員で鑑賞しましたが、自分たちが普段から発言している事柄、違法木材の問題等が啓発され、国産材を使用する意義も理解しやすいかも、(インタビューされている製材業の方々は木童の協力会社の社長さん達です。)終盤に登場する大手メーカーさんの意見はちょっと首をかしげるお話もありましたが、とっても分かりやすい映画なので、お勧めです。

FAIRWOODのホームページで販売もしています。

フェアウッド・ドキュメンタリー
「木の来Expwood[1]た道 - ways of experiencing wood -」
定価3,150円(消費税・送料込み)
図書館価格*:12,600円(消費税・送料込み)
* 不特定多数の方への貸出や多人数での上映等を行う場合、図書館価格となります。

また、yutubeでもご覧になれます。(FAIRWOODのホームページからもジャンプ出来ます)http://www.youtube.com/watch?v=G6okcfgumxg

ペレットって知ってます?

Photo木を製材すると出てくる木屑や木の皮やとにかくゴミになるような木を

圧力で固めた物です。

Photo_2 それを燃料として燃やすストーブをペレットストーブと言います。

昔から知っていましたが、最近の何が何でも床暖房と言う風潮と、床暖房アリキで無垢の木にとってどうなんだろうと言う気持ちとが相まって、タマタマ出合った面白いペレットストーブに興味を持ち調べて見ると、なんて環境に良い物なんだろうと感心した次第です。

まず、

石油由来のエネルギーじゃない

焼却されるような木の使わない部分を有効利用している

薪ストーブのように薪の確保と保管が難しくないというより簡単

とっても暖かい、炎のユラギの前で安らぐ

灰がほとんど残らない(熱効率が良い)

床暖房と違って、設備が露出しているため修理などが容易

などなど、良い点が一杯。

最近は色々な機種が出ています。煙突のないタイプも・・・

詳しくは木童のスタッフに聞いてください。

木の床にとっても相性の良い炎の揺らめくストーブを考えて見るのも良いと思いますよ

wrote nishida